サラ金 消費者金融

「サラ金」、その言葉の意味を紐解く

2013年のサラ金はどうなっているのか?

バブル経済の発展時、サラリーマンをターゲット層としていた金融会社は後に主婦やアルバイト層までターゲットを拡大しました。
そのため、サラリーマンだけではない、一般消費者への貸付を行うようになりました。そのため、現在では「消費者金融 や「キャッシング会社」などと呼ばれるようになり、以前の極悪な取立てなどは法律により規制され、漫画ナニワ金融道などにあるようなアンダーグラウンドなイメージとは異なり、利用がしやすくなりました。

一般的な限度額や審査はどうなっているのか?

サラ金 消費者金融 申し込む前にチェック!

限度額の設定や審査ってどうなんだろう…?

以前は年収以上の借金をこさえてしまうスーパー多重債務者が大半でした。
ですが、自己破産者や自殺者の多発で「借金」が問題となり、もともと問題であった貸金業法の内容取り上げから法改正が行われました。
法改正の後、債権者側に様々な規制がかけられる法律ができてから必然的に審査が厳しくならざるを得ない現状が出来上がっています。

サラ金(消費者金融)の限度額の平均は50万円

サラ金消費者金融の審査って?

サラ金の審査を通るにはどうしたらいいのか?審査は何を対象とするのか?その答えを考えてみよう。

審査は何を見るのか?

現在のサラ金会社の傾向と実態

キャッシングは今ではそれほど重い行為ではないです。これは金融会社がイメージクリーンアップのため、芸能人を起用したマスメディア広告などで「以前と違う」ことを浸透させたからです。
では現在のサラ金(消費者金融)は実際イメージ通りなのでしょうか?

サラ金会社【安心の大手銀行系列】

サラ金と消費者金融の違いを簡潔に!

サラ金と消費者金融はほぼ同義語ですが、微妙に意味が違います。では何がどう違うのでしょうか?

サラ金の意味【消費者金融との違い】

貸金業法の誕生などを分かりやすくまとめています。

サラ金規制法(正式名称を貸金業の規制等に関する法律(現:貸金業法)と言います。誕生について分かりやすくまとめています。

サラ金規正法は俗称です!

現在のサラ金(消費者金融)の在り方を見つめてみる

"昔と今"「お金を借りる」ことの意識の変わり方

お金を借りることは恥に等しい、これはもう古い考えになりつつあるのではないでしょうか?

クレジットカードでキャッシング(現金)を引き出すことは、言うほど重みがありません。
消費者金融からお金を借りることも大差ないと思います。
人によっては「自身の銀行口座からお金を引き落とす感覚」「自分のお金のような感じ」と言った、キャッシングをそこまで悪いこととは思っていません。中には「感覚が麻痺している」と自覚もあるが歯止めはかけないパターンも見られました。

昔はお金を借りることは「恥」に等しく、破綻を迎えるまで借金をひた隠しにしたりと言うことが当たり前でした。
ですが近年はそこまで恥と感じないケースが増えています。
躊躇はそこまで無いでしょう。借りたら返せばいい。どうにかなる。この考えです。

これらの意識の変容はどうして生まれているのでしょうか?
原因は様々あるかと思いますが、一番の理由は、「借金」と言うものが社会問題になっていない事が変化を起こす要因となっているのではないか?と感じでいます。

上記以外の様々な理由の内に、「最低限の生活ができれば十分満足だ」と言う、お金にそこまで執着が無い人が増えたのでは?とも思えます。
ようするに、そういった無欲に近い人が本当にお金に困って融資を受けたとしても、大きな金額を借りたりしないのでは?と思うのです。

実際のところ、昔の自己破産の額は200万〜300万と言う、下手すると年間収入に近い(人によっては越えてしまう)借金額が多かったですが、今は100万円を越えない額で自己破産をする印象です。

法改正の結果が出ているのか?
お金の価値が上がってるのか?

理由は定かではありません。ですが明らかにお金に対する意識は大きく変わっていると言えます。

安定しない経済の元では、お金は使うものではなく取っておくもの、と言う動きも意識変化の理由の一つでしょう。

人に親近感を、国に税金を サラ金(消費者金融)の存在意義

問題の多かったサラ金はイメージチェンジをし、運営内容を変え、今では身近で安心感、親近感のあるものとなっています。
お金の話は誰にも相談できません。

たまたま手持ちが無くすぐ返せる状態で身近な人から借りるならまだしも、
大きな額を、例えばまとめて返せない(分割で返したい)となると話は大きく変わってしますよね?

親や兄弟に相談すればいいといいますが、親ならまだしも兄弟はお金の相談はそう簡単にはできませんよね。
身内にできないような話、友人にもさらに話せないかと思います。

色々考慮しても、
やはりお金で窮地に立たされたとき、融資に特価した金融会社が頭に浮かぶのではないでしょうか?

話は変わり、国税庁的にも、多額の法人税が入る源の一つとして存在意義は大きいものではないでしょうか?
少し話がそれますが、こんな話が浮上しています。

グレーゾーン廃止によって、過払いで返金をしなければいけないのなら、国に支払った法人税も多額に支払っていた税金も還付しなければいけないのではないでしょうか?

すごくまともな内容で、武富士(の管財人)が国税庁に対し約2374億円の返還を求めた訴訟が起こっていましたが、ここでは訴訟結果は重要ではありませんので省きます。
重要なのはその納税額です。

武富士だけでその金利です。
グレーゾーン金利が減り、借金を背負う国民が減ったとしても、金融業者の収める納税はケタが外れているのは目に見えています。

国においても、金融会社の存在意義は小さいものではないと言えるのではないでしょうか?

キャッシングのエイワの特徴

小口融資、元利均等返済方式、対面与信、ヤクザ風な社員、横柄な態度、情に厚い…など、金融会社の中での個性ぶり発揮は群を抜いています。
見ている限り10年は似たような叩かれ方をされ続けていますが、まったく風貌も営業内容も変化無しです。こんなにブレの無い金融会社他にありません。